非破壊検査(建築・土木構造物調査/探傷試験)

鉄筋探査

非破壊検査とは?

非破壊検査とは、モノを壊すことなく、外観も機能もそのままに、モノの内部を科学的に視る検査の総称です。
さまざまな機材と技術を駆使して、亀裂などの欠陥、腐食など劣化の状態、空洞や異物の存在などを明らかにし、表層についても目視では認知できない微細な傷を検出します。検査結果は、検査方法に応じて数値やX線画像、エコー画像などで確認することができます。

非破壊検査の対象は幅広く、適切な検査方法を選択することによりほぼすべてのモノに適用可能です。
新たに造り出された製品・部品、建造物・構造物の品質検査はもちろん、使用中の製品・稼働中の設備なども非破壊で検査できるため、修繕または取り替えの要否を判断する目的においても高いニーズがあります。また、設計図が現存しない古い建造物・構造物の壁や柱の内部構造を調べるなどさまざまに応用されています。

ストック型社会の推進のためにも、なくてはならない技術です

高品質なモノを造り、古くても価値あるモノの寿命を伸ばし、健全性を維持しながら長く大切に使って未来へ受け継ぐ。そんな「ストック型」の社会への移行が急務となっている中、非破壊検査が果たす役割は今後ますます大きくなっていくと考えています。非破壊検査は「安全・安心」で「持続可能」な社会を創っていく上で不可欠なテクノロジーなのです。

 

非破壊検査(建築・土木構造物調査)
道路、橋梁、トンネルといったインフラ構造物には建設後50年以上を経たものも多く、老朽化に加えて、地球温暖化などの環境変化による負荷や、地震や水害の影響も懸念されています。
とくに防災の面で早期の対策が必須ですが、国や自治体は財政難により新たな巨額投資は困難な状態、そんな中で対策の主流となっているのが、既設インフラ構造物を対象としたアセットマネジメントです。
弊社は熟練した技術者の眼と機械・科学の眼により、構造物の外部・内部両面からの「調査」「検査」「点検」を担います。また正確なデータの取得および情報処理を行い、構造物のアセットマネジメントで重要となる高精度の劣化予測の助成をいたします。

*アセットマネジメントとは
アセットマネジメントとは、資産の管理・運用を代行する業務のことです。従来は個人及び企業が有するリスク資産(金融資産や不動産など)を対象とした管理・運用代行業務を指していましたが、近年では公共資産(道路や橋梁など)の管理・運用業務にも適用されています。

対応可能業務

目視調査/コンクリート厚さ測定/コンクリートひび割れ調査・ひび割れ深さ測定/
鉄筋探査(本数、径、かぶり厚さ)/電縫管調査、シース管調査/空洞、ジャンカ調査/
圧縮強度測定/中性化試験/アルカリ骨材反応試験/塩分含有量測定/ロックボルト長さ測定/
アンカー引張強度試験

 

非破壊検査(探傷検査)

非破壊検査、磁粉探傷試験|破壊試験、化学分析 株式会社ディ・アール

▲ 磁気探傷検査

金属材料の接合部や金属部品などを対象として、表層部および内部の傷・亀裂を非破壊にて検査します。とくに接合の良否は建造物・構造物の安全性や耐久性に大きく影響するため、ごく微細な傷であっても決して見逃せません。
弊社には探傷検査の各種方法のメリット・デメリットを熟知した経験豊富な有資格者が揃っており、検査の対象物・箇所・環境など総合的にみて最適な方法をご提案しています。

対応可能業務

表層部:目視検査(VT)/浸透探傷検査(PT)/磁気探傷検査(MT)/過流探傷検査(ET)
内部:超音波探傷検査(UT)/放射線透過検査(RT)

 

非破壊検査(その他)
歪みゲージを用いて各種の機械や構造物の荷重状態、応力(ストレス)状態などを測定分析する「歪み測定」や、管材(配管・パイプ類)を切断することなく肉厚を測定し残存寿命の予測を助成する「肉厚測定」にも対応しております。

対応可能業務

歪み測定/肉厚測定